2009年08月13日

「転勤☆ズ」として・・・

「転勤☆ズ」は、ときどき、グループとしての特殊性から、取材の依頼を受けます。


そうですよね、転勤族主体のサークルやグループってあんまりないのかもしれませんね。

でも、転勤族という人たちは日本全国、いえ、海外にでられる方もいるだろうから、世界中に?、かなりの人数がいつも存在するんだと思います。

転勤をともなう暮らしは苦労も多いし、大変ですが、その業種によっては定期的に転勤することはどうしても必要な仕事もあるわけで・・・「仕方がない」と働く本人も、そして家族たちも、自分自身を納得させながらがんばっているんですよね。



そんな転勤族に対して、いろんな方向から取材の依頼が入ります。

「転勤族の大変さや不安って、どんなことですか?」
「各地を渡り歩いてみて、その経験豊富な眼で見ると○○ってどうですか?」
「○○県のおススメってなんでしょうか?」
「○○県のよさって、どこでしょうか?」

などなど。


先日も、某放送局から、「全国で自治体によって子どもの医療費が違うというのは、どうですか?戸惑いや不便、理不尽に感じることはありませんか?」と取材が入りました。

今回は、転勤☆ズのおしゃべり会に参加していらっしゃる方に取材に応じていただきました。




「転勤☆ズ」は取材内容によりますが、納得の行く取材に関しては積極的に対応しています。


地元を離れることの不安や、
実家や肉親、親族と離れることの不便、
転々とした生活の中での収穫や経験、
いままで見てきたたくさんのもの・・・

転勤族ならではの経験や知識、乗り越えてきたものや見てきたものは、きっと発信するのに足るとっても貴重な話で、意見だろうな~と思うからです。


それは転勤族ならではの財産だと思うし、転勤族だからこそ伝えることができる生の声。

日本各地に常に一定数は存在する生活形態をもつ「市民」の声。

その中に、きっと、よい発見も気付きもあり、もしかしたら、問題提起もあるだろう、と思うからです。




転勤族は大変だけど、でも、その生活の中で得るものもきっと存在していると思うんです。



ので、依頼のあった取材はできるだけ対応し、「取材に協力できるよ~」という方にご協力いただいています。



転勤族・・・大変だけど、その経験値がパワーでもあるんですよね。
いっしょに、自信もって、いきましょう! ね!


同じカテゴリー(その他もろもろ)の記事画像
チャリティイベントのご案内
同じカテゴリー(その他もろもろ)の記事
 チャリティイベントのご案内 (2012-04-10 20:18)
 東京一郎・・ついに和歌山へ・・・ (2009-06-01 12:12)
 和歌山県民大好き 謎のコーナー (2009-04-23 06:01)
 転勤ズの役割って何だろう?? (2009-02-21 20:08)
 ブログ立ち上げちゃいました!! (2009-02-18 16:55)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。